【六本木】記者さんとお仕事ランチ

うさぎはプロモーションや広報の仕事をしています。先日、某ファッション誌の記者さんに仕事の話を詰めるべくアポをとったら、「ランチョンでもよいですか?」とのこと。

その方はオフィスが六本木なので六本木ヒルズで待ち合わせ、ラトリエ・ドゥ・ジョエルロブションへ。


そもそも仲良しのおじさま記者さんなので、最近どう?みたいな話をしながら、
前菜にさんまのエスカベーシュ。記者さんはトリュフのクリームスープを。迷いすぎた私たちは、半分こしました 。
白身魚のポワレ。これも記者さんの子羊のリゾットと半分こ。
本当に仕事相手か 笑?という感じですが、お仕事柄すごーくモードなかっこいい方なのにすごーく気さくで無邪気な方なので、半分こしません?というこちらの提案にもガンガン乗ってくださいました。

そして美味しかったー、そろそろ仕事の話を…と思ったところに
こんな素敵なプレートが!
何気にFacebookでお友達なので、うさぎが結婚したことを知っていてくださったようです。
いつもはオフィスで話すのに、だから「ランチョン」というご提案だったとのこと。
ニコライバーグマンのお花までいただき…
とても嬉しかったです。

本当に、お仕事の間柄ですし、特にこちらが上、という会社関係でもありません。
うさぎの会社が堅くて、ファッション業界だとこんな風にオシャレなお祝いを取引先にするとか当たり前のことなのかもしれないのです。それでもこうやってお祝いを考えてくださること、お店を予約して、プレートを頼んで、お花を買って…簡単なようで結構面倒なことだと思います。

本当に仕事上のお付き合いしかないのです。それにあちらにとって大きなクライアントとかでもない。広報の仕事はトレーナーがいなくて、自分で試行錯誤してやってきたところがあるので、「これで良いのかな…」と少し不安に思っておりました。
でも「これからもつながりを続けていこう」と思ってくださったから、こんなあたたかいことをしてくださったのかな…

とか勝手ながらそんな気持ちも出てきて、倍嬉しくなりました。
これからも仕事、頑張ろう。

ちなみに記者さんは海外ウェディングをされたそうで、結婚式はまだしていないうさぎもそれを考えていると言ったらH.I.Sさんを激オススメされました。
行ってみようかな。


◾︎ラトリエ・ドゥ・ジョエルロブション
http://www.roppongihills.com/shops_restaurants/restaurants/french/204550001.html

0コメント

  • 1000 / 1000

TOKYO USAGI DAYS

オトナsweetに毎日生きる♡ snidel、FRAY.I.D.などふんわりモードなファッションが大好きなUSAGIのコーディネート日記。