【渋谷】茶亭 羽當と夫婦の違い

渋谷の隠れ家カフェ(喫茶店)、茶亭羽當。
いつも帰り道に前を通っていて気になっていたこのレトロ喫茶に、やっと行ってみました。
一杯ずつドリップされる珈琲(コーヒー、とカタカナではない感じです)は、香ばしさが今まで飲んだコーヒーとは違いました。話題のブルーボトルコーヒーも、この羽當の淹れ方を真似たのだとか。
そしてカップが素敵。
見るとカウンターの後ろには、ずらりと並ぶコーヒーカップの数々。
後で聞いたのですが、一人一人、お客さんのイメージに合わせてカップを選んで出しているのだそう。
青いお花のカップ…うさぎはどんな感じに見えたのかな。

店内は意外と広くて、全体的に暖かな配色。そしてお洒落なご老人がたくさんいらっしゃいました。若者の街渋谷とは思えない世界。

とてもゆっくりできる感じで、旦那くんと今まで見た映画について、アカデミー賞についてなど3時間くらい話し込んでしまいました。
ニューシネマパラダイスやライフイズビューティフル、良き人のためのソナタなど、アカデミー外国語映画賞の作品ていいよね!てことで激しく共感する一方で、タイタニックはうさぎは大好きで旦那くんはダメ、というところもあり…

うさぎは基本ミーハーなので、芸術志向の旦那くんとは合わないことも多いです。
でもそれはそれでいいんじゃないかな。
好みの問題だから。
ただ違いを認めることができれば。


もちろん、結婚したからには、同じ目的を持たなければならないこともある。そこは擦り合わせるのだけれどうちは二人ともこだわるところにはとことんこだわるので、なかなかなバトルとなります 笑。

0コメント

  • 1000 / 1000

TOKYO USAGI DAYS

オトナsweetに毎日生きる♡ snidel、FRAY.I.D.などふんわりモードなファッションが大好きなUSAGIのコーディネート日記。